相続、成年後見、交通事故、離婚、債務整理、過払金などのご相談は、けやき通り法律事務所へ。豊田市・岡崎市・みよし市・安城市・知立市などがお近くです。

業務案内

遺言の作成

 遺言には、大きく分けて、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。

    自筆証書遺言は、ご自分で手書きで簡単に作成することができますが、無効となったり、無くなってしまったり、争いの原因になることがあります(ただし、2019年1月13日から一部手書きでなくてもよいことになり、2020年7月10日から法務局による保管の制度が始まります)。一方、公正証書遺言を作成しておけば、以上のような心配は少なくなります。しかし、公証人役場で作成をしなければならず、お金もかかることになります。

 弁護士は、自筆証書遺言作成のご相談をうけることができます。また、公正証書遺言作成のお手伝いをすることができます。

 

 公正証書遺言の作成に関する弁護士の活動

 ・お客様のご希望をお聞きし、その内容に沿った遺言の文言案を作成します。

 ・公証人役場と連絡を取り、遺言書作成の段取りをします。

 ・お客様に、公証人役場で、公証人に対して、口頭で遺言をしていただきます。

  (ご病気等の場合、公証人に病院などに出かけてきていただくこともできます)

 ・公証人役場で、公正証書遺言が作成されます。


 さらに、遺言では、遺言執行者を指定した方がよい場合があります。そのような場合で、遺言の内容が複雑であったり、財産の種類が多く多額に上る場合には、弁護士を遺言執行者に指定することもできます。

 

  公正証書遺言作成のお手伝いの弁護士費用

 遺言執行者の弁護士費用

  こちらのページをご覧下さい。   

 

Copyright © 2020 けやき通り法律事務所 | 弁護士 | 豊田市 All Rights Reserved.