相続、成年後見、交通事故、離婚、債務整理、過払金などのご相談は、けやき通り法律事務所へ。豊田市・岡崎市・みよし市・安城市・知立市などがお近くです。

業務案内

相続・遺言 

相続等に関する相談

 「長男でない自分も遺産を相続できるのだろうか」  「遺言はあるのだろうか、遺言の効力はあるのだろうか」  「借金も相続することになるのだろうか」  「遺言で、自分には相続させないとなっているが、どうしたらよいのか」  「遺産分......続きを見る

遺産分割

 遺産の分割は、相続人による話し合いで決めることになります。しかし、その話し合いができないことが少なくありません。   「相続人の数が多すぎて話し合いができない」   「夫には、前妻の子がいる、あるいは、愛人の子がいる」   「兄......続きを見る

寄与分

 相続人の内の1人が亡くなった方の面倒を特別にみて、亡くなった方の財産の維持や増加に貢献をしている場合に、他の相続人より特別に多く相続できる場合があります。それを、寄与分といいます。  寄与分については、合意ができない場合には裁判所の......続きを見る

特別受益

 亡くなかった方(被相続人)から、一部の相続人だけが贈与などの利益を受けていた場合に、その利益をすでに相続したものと扱って、利益を受けていなかった相続人と平等な扱いにする手続があります。それを、特別受益といいます。  特別受益と認......続きを見る

遺留分について

 「父の遺言には、私には、相続させないとなっていた」  「他の相続人に生前贈与がされていて、相続財産がほとんどない」  「遺言によると、私にだけ、借金が多く相続されることになっている」    故人の遺志により、不公平な......続きを見る

遺言についてのご相談

 ご自身が亡くなった後、「遺族が争わないようにしたい」、「自分の意思で自分の財産を分けたい」とお考えの方も多いと思います。そのような方には、遺言書の作成をお勧めします。   しかし、せっかく作った遺言書も、法律の定めた方式でなかった......続きを見る

お子さんのいないご夫婦の遺言

 子どもも孫もおらず、妻が相続人であるから、ご自分が亡くなった後、相続のことで、もめることはないと安心していませんか。 実は、その場合でも、亡くなられた方の親や兄弟姉妹が相続人になります。遺言書が作成されていない場合には、残された配......続きを見る

遺言の作成

 遺言には、大きく分けて、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。     自筆証書遺言は、ご自分で手書きで簡単に作成することができますが、無効となったり、無くなってしまったり、争いの原因になることがあります(ただし、2019年1月13......続きを見る

破産・債務整理・過払金 

借金の問題でお悩みの方

 「借金が払えない」  「給料が減って、住宅ローンの支払いがきつく滞納してしまった」  「保証人になったら、多額の請求がきてしまった」  「突然、昔の借金の請求がきた」    債務・借金の悩みは、つらいものです。しか......続きを見る

債務整理の方法

 債務・借金の問題の解決(債務整理の方法)には、 弁護士が債権者との間に入り交渉をする任意整理、 裁判所の力を借りて借金の減額をする個人再生、 債務の全額の支払いの免責を受ける自己破産などがあります。    当事務所では、お客......続きを見る

任意整理について

 弁護士が債権者(貸金業者・クレジット会社等)との間に入り交渉をして、お客様が支払っていけるように分割払い等にするのが任意整理です。  借金の額、債権者の数、お客様の資産、現在の収入と支出、将来の収入と支出の見込み等を考えながら、返済......続きを見る

個人再生について

 個人再生は、債務総額の内の一定の金額を、原則3年で分割返済をする計画を立て、それを裁判所に認めてもらうことで、残りの借金は支払わなくてもよいとしてもらうものです。結果的に、総債務額の5分の1程度(ただし、100万円以下にはならないです......続きを見る

住宅を失いたくない方(住宅ローン特約付き個人再生)

「借金のために住宅ローンの支払ができなくなってしまいそうだ」 「住宅ローンの滞納が続き、一括請求をされてしまった」 「知らないうちに住宅ローンを滞納して、保証会社が支払ってしまった」 「抵当権実行の通知が裁判所からきた」 &nb......続きを見る

自己破産について

 自己破産とは、債務の支払いができなくなった方が、裁判所に申し立てをして、お金になる財産を処分して、できたお金を債権者に配当(債権額に応じて平等に配る)をして、残りの債務を支払わなくてもよい(免責)と裁判所に認めてもらうことです。  ......続きを見る

会社の整理

 不景気の中で、残念ながら、会社を整理せざるを得なくなることがあります。会社の整理は、取引先にも迷惑をかけ、保証人となっている役員の方の債務整理が必要となることもあります。また、従業員の給料や退職金の問題、資産の売却、帳簿の処理等、様々......続きを見る

過払金の返還請求

 サラ金会社・クレジット会社(キャッシング)との取引の経験のある方は、利息制限法を超える高い金利で取引されていたかもしれません。このような場合には、払い過ぎた利息が戻ってくるかもしれません。しかし、黙っていては戻ってきません。過払金の時......続きを見る

離婚・子供のこと 

離婚に関するご相談

 「相手がどうしても、離婚に同意してくれない」  「離婚後、今の家で子供と一緒に住み続けたい」  「夫や浮気相手から、慰謝料をとれるのだろうか」  「相手に子供の親権を渡したくない」  「財産を分ける話し合いがつかない」  「......続きを見る

離婚調停・離婚裁判

 離婚は、夫婦間で合意をすれば、後は、離婚届を提出するだけで成立します。ただし、夫婦間で離婚の合意があっても、財産分与や養育費などの問題があるときには、そのことを含めて合意することをお勧めします。  また、夫婦間に離婚の合意がない限り......続きを見る

別居や離婚に伴う争い

 夫婦間のトラブルでは、別居中の生活費や養育費の問題、子供をどちらが育てるかといった問題、離婚後の親権や養育費の問題、別居中及び離婚後の子供との面会の問題などもあります。  これらの問題は、当事者の話し合いで決めますが、それができない......続きを見る

交通事故 

交通事故の被害のご相談

 「家族が交通事故で亡くなった」  「交通事故にあってしまったが、今後のことが不安だ」  「保険会社から示談金を提示されたけど納得できない」  「相手の運転手が、実際とは違う事故態様だと言い張っている」  「保険会社から、こちら......続きを見る

交通事故の被害に関する代理業務

 交通事故の損害賠償の請求の方法には、加害者や保険会社との示談交渉、裁判所での調停、訴訟などがあります。  一般に、保険会社の提示する賠償金の金額は、本来支払われるべき基準より低い場合が多いです。また、交通事故の実際の損害額の算定では......続きを見る

保険の弁護士特約について

 交通事故の被害者ご自身が加入されている自動車損害賠償保険に弁護士特約が付いている場合が多いです。その場合には、加入されている保険会社が一定の範囲の弁護士費用を支払ってくれることがあります。殆んどの保険会社では、弁護士特約を利用しても、......続きを見る

交通事故の加害者のご相談

 交通事故の加害者になってしまい、被害者の方から大きな金額の請求をされている。このような事態になると、深刻な悩みになってしまいます。  また、人身事故を起こしてしまうと、民事上の損害賠償の他、免許の取り消しなどの行政処分、刑事責任を科......続きを見る

刑事事件・少年事件 

お身内やご友人が逮捕されたら

 夫が逮捕された、子どもが逮捕された等、身近な人が、刑事事件で身柄拘束された場合、不安なことばかりです。特に、会社や学校をどうすればよいのか、今後どのような手続となっていくのか、被害者の方と会ったほうがよいのか、わからないことや対応に困......続きを見る

身柄拘束を伴う刑事事件

    刑事事件では、弁護士は被疑者・被告人の弁護人として活動をします。弁護人は、被疑者・被告人の身柄解放のための活動、否認事件(無実であると争っているもの)では無罪獲得のための活動、自白事件(罪を認めているもの)でも少しでも刑を軽くす......続きを見る

在宅の刑事事件(身柄拘束をされていないもの)

 「被害者から、被害届を警察に出されてしまった」  「警察から、呼び出しを受けた」  「交通違反で、裁判になってしまった」  「身に覚えのない犯罪を、警察から疑われている」  「人身事故をおこして、警察で取り調べを受けている」 ......続きを見る

在宅での刑事事件の弁護人の活動

 身柄を拘束されていない刑事事件についても、弁護士は、弁護人となることができます。弁護人は、否認事件(無実であると争っているもの)では、不起訴・無罪獲得のための活動、自白事件(罪を認めているもの)でも、不起訴あるいは刑を軽くする......続きを見る

少年事件

 未成年者が犯罪等を犯した場合には、少年事件となり、家庭裁判所の少年審判という手続が行われます。少年審判の目的は刑事事件とは異なり、少年の保護を図ることです。  少年審判では弁護士は少年の付添人となることができます。付添人は少年のパー......続きを見る

その他 

消費者被害の事件

 「セールスマンの言葉に乗せられて投資マンションの契約をしてしまった」  「高額のエステの通しチケットをクレジットで購入してしまった」    専門業者と一般消費者が契約を締結する場合には、消費者を保護するために、様々な制度がありま......続きを見る

不当な解雇等の不当な処遇について

 「明日から、こなくて良いと言われた」  「期間雇用で、雇い止めにあった」  「給料を減らされたことが納得できない」  「懲戒処分に納得できない」  従業員に対して、恣意的に解雇をしたり、給料を減らしたりすることはできません......続きを見る

残業代などの支払い請求

 「うちの会社では、帰りのタイムカードを押してからも働いている」  「残業時間の調整をさせられている」  「長時間働いているのに、残業代がもらえない」  労働時間は、原則として、1日8時間、1週40時間までと法律で決められています......続きを見る

労働災害

 「職場でケガをしたのに、会社が労災申請をしてくれない」  「労災で後遺障害となったが、会社が十分な補償をしてくれない」    政府は、多様な働き方を認めるようになり、また、多くの企業で、外国人を労働者として受け入れるよ......続きを見る

過労死・過労自殺

 現代社会は、ストレス社会です。特に、企業間のグローバルな競争の中で、職場のストレスは大きなものがあります。そのような中で、働きすぎで亡くなる方が後を絶ちません。  長時間労働などが原因で、脳心臓疾患などで亡くなることを過労死といい......続きを見る

高齢者の方などの財産管理

 「おばあさんが、悪い人にだまされそうで心配だ」  「障害のある息子に財産を残したいが今後の管理が心配」  「ご自分の将来の財産管理が心配」  高齢化社会、核家族化の進展の中で、財産管理面のお悩みの方も増えています。そのような場合......続きを見る

支払ってもらえない金銭の支払い請求

 「貸したお金を返してもらえない」  「売掛金の回収ができない」  「請負代金を支払っていただけない」 このような場合、相手方の状況によっては、財産の仮差押え(民事保全)、民事訴訟、強制執行等の手続きが必要となる場合があります。また......続きを見る

Copyright © 2020 けやき通り法律事務所 | 弁護士 | 豊田市 All Rights Reserved.